風邪のひき始めのひき始め対策 一日で抑え込む方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

風邪 そのかかりたくないヤツ

風邪の季節になりました。長引くと厄介なのが風邪。本格的にかかってしまうと治るまでに十日間とかかかることも。その間パフォーマンスが落ち、体力も奪われ、なんだかんだと月の半分くらいに亘って悪影響が出てしまいます。

風邪の女性

そんなかかりたくない風邪。

街中に接触する機会が転がっています。

職場、学校、家庭、通勤通学の電車、バス、外出先。接触するのは避けられないので、普段から出来ることに気をつけて、過ごすのが大事です。

普段からしっかり睡眠をとる。休息する。うがい手洗いの励行。ちゃんと栄養をとる。規則正しい生活をする。

これらを守れて入れば、そうそう風邪などひかないで済むと思います。

とは言え、日常はいろんな事が起こります。

寝不足になる事もあれば、栄養が偏ることも、そして、ストレスに晒されることも。

そうして、期せずして風邪にかかってしまう。

そんな、止む無く風邪にかかってしまった時でも、初期段階の対処方法によっては、軽い状態で短期間で症状を抑え込む事が可能です。

自分自身で人体実験した結果、過去何度か成功し、本日も成功したことを確認出来た

風邪を一日で抑え込む方法

を公開します。

風邪を一日で抑え込む方法

風邪の初期症状がでたら、即対処するのが肝です。

  • くしゃみ
  • 鼻むずむず
  • 寒気、悪寒

この段階では、

  • くしゃみ、鼻むずむず

だけでしたらアレルギーも疑いますが、

  • 寒気、悪寒

がしているなら、風邪の初期段階に差し掛かったと判断し、ここで手を打つのが肝要です。ここでしっかり対処すれば、一晩で抑え込む事が出来ます。ここでの打ち手が遅れると、本格的な風邪コースになります。

ここからは、会社や学校に来てしまってから

  • もしかして風邪ひいた??

と思った時に、まず取れる対策からとりましょう。という話をしていきます。

8つの打ち手

  • 身体を暖かくして睡眠をとること

こうしたいところですが、気づいたタイミングが職場や学校などでのオンタイムでしたらそうもいきませんよね。ですので、出来る対策からやりましょう。

手元にあれば、家に備えあれば憂いなし。

もしない場合は、すぐにドラッグストアやコンビニ、スーパーへGo!

そこで買い求めましょう。

①葛根湯


②CCレモン、その後ビタミンC錠剤



③マスク


④うがい 手洗い


⑤栄養をとる

温まる、出来れば栄養価の高い、ビタミン豊富な消化の良いものをお昼や夜に食べてください。

⑥暖かくする

⑦水分をとる

お茶や水でいいです。マメに水分補給を。

⑧暖かくしてゆっくりたっぷり睡眠

早めに家に帰って、無事家にたどり着いたら夜更かしせず、暖かくしてゆっくりたっぷりと睡眠をとってください。

特に重要な3つ

この8つは出来る事から直ぐに着手するのが大事ですが、特に

  1. 葛根湯
  2. ビタミンC
  3. 睡眠

はおススメです。私の一日回復経験では、この3つを欠かした事はありません。

風邪に負けない、健やかな生活を!

飛び跳ねる男性

コメント

タイトルとURLをコピーしました